警視庁交通部からのお知らせ

2021年8月

「自転車も止まれ!しっかり守ろう信号表示」

こんにちは、警視庁交通部です。

皆さんをはじめ、誰もが知っている信号機は、車や歩行者などの流れを円滑にし、交通事故を防ぐために、とても重要な役割を担っています。
信号表示をしっかり守らないと交通は混乱し、重大事故に繋がってしまいます。


●赤信号は必ず止まれ!
急いでるから。車やバイクは来ていない。安全確認したから今回だけ。その考えは大変危険です!
信号が変わるまでのわずかな時間を待てず、信号無視をして交通事故を起こせば、自分の命に関わります。赤信号は必ず止まれ!もうすぐ青に変わるから… 見切り発進もダメですよ!

●黄信号も止まりましょう!
自転車で走行中、信号機が黄色に変わった!止まれるけど、次の青信号まで待ちたくないし行っちゃえ。なんて思ったことはないですか?その考えが交通事故に繋がります。止まりましょう!
また黄信号で安全に止まれるよう、スピードの出し過ぎには注意しましょう!

●青信号でも油断しない!
青信号だからといって油断しないで下さい!信号を見落として進んでくる車や周りをよく見ていない右左折車など、様々な危険が潜んでいます。
青信号だから相手が止まってくれるはずだと油断しないで、周囲の安全を確認してから進みましょう!


信号無視、その行動を周りの方は見ています。
中には子供もいるかもしれません。子供が真似をして赤信号を無視して交通事故に遭ってしまったら…。大人が範を示しましょう。
また、信号無視を原因とする悲しい事故も起きています。信号を必ず守りましょう!

交通事故を防ぐ、簡単だけど効果のある方法が満載!警視庁公認サイト
TOKYO SAFETY ACTION

※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから
最新記事へ戻る >