警視庁交通部からのお知らせ

2017年4月

はじめて電動アシスト付自転車に乗る時はご注意を!

Suicleをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
長い冬も明け、ようやく春がやってきました!春といえば入学、入社等で新しい生活を始める方も多いでしょう。また、東京で新生活を始めた方もおられると思います。
今までの生活ががらりと変わるこの節目の時期は、心が浮かれたり、また色んな事に戸惑いがちです。ちょっとした心の乱れから、交通事故に遭わない・起こさないよう十分に注意してくださいね!

ところで、最近、電動アシスト付自転車に乗る人も増えてきました。急な坂道もラクラクですし便利ですよね!でも、
普通の自転車と違って注意しなければならない点があることをご存知ですか? 
電動アシスト付自転車に乗る時はこんなことに注意しましょう。

●スイッチを入れる時は、ペダルに足を掛けない!
ペダルに足をかけて電動アシストのスイッチを入れると、知らないうちにペダルを踏ん張ってモーターが作動し、自転車が誤発進してしまうことがあるので注意しましょう。

●「けんけん乗り」はやめましょう!
片方の足をペダルに乗せ、もう片方の足で地面を蹴って加速する「けんけん乗り」は、大変危険です。モーターが作動して思わぬスピードが出て、バランスを崩して転倒するおそれがあります。しっかりサドルに腰かけ、安定した体勢でペダルをこぎましょう。

●加速具合を確認しましょう!
初めて電動アシスト付自転車を利用する方は、まずは安全な場所で試乗をして、電動アシスト付自転車の感覚をつかんでから利用しましょう。また、下り坂ではスピードを出しすぎないよう注意しましょう。

●車体が重いので気を付けましょう!
電動アシスト付自転車は、車体が重いのでブレーキが効きにくく、早めのブレーキが必要です。またバランスを崩しやすいので、悪路を走行する際や停車時は注意しましょう。

以上、電動アシスト付自転車に乗る際の注意点を紹介しました。電動アシスト付自転車を利用する際は、その特性を知って、安全、快適なサイクルライフを楽しみましょう!
4月6日(木)から4月15日(土)まで、「春の全国交通安全運動」実施中です! ※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから

アーカイブ