警視庁交通部からのお知らせ

2018年11月

だっこで自転車はNO!

Suicleをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
11月15日は「七五三」です。「七五三」の起源は平安時代といわれ、この日に「七五三」を祝うようになったのは、江戸時代に将軍が子供の健康を祈ったことが由来だという説があります。千歳飴を持って微笑む子供の姿は、一生の宝物になりますね。健やかに育って欲しいものです。

ところで、七五三で子供をお祝いする方の中には、子供を乗せて自転車を運転している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
16歳以上の運転者は、6歳未満の幼児を自転車に同乗させることができますが、それにはルールがありますので、おぼえておいて下さい。

【これはできません!】
  • 幼児をだっこして自転車に乗車
    転倒時に子供を押しつぶしてしまう可能性が高くなり危険です。
  • 幼児2人を自転車に同乗させて、さらに幼児1人を背負う
    4人乗りなり、バランスを崩します。
詳しくは警視庁ホームページに、子供を自転車に同乗させる際のルールについて、イラスト付きで解説した交通安全情報が掲載されていますので、ご覧下さい。
※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから

子供をだっこして自転車に乗り、転倒して子供が頭を強く打ちつけ亡くなってしまうという悲しい事故も起きています。子どもの安全を守るためにも、自転車に子供を乗せる際は、しっかりとルールを守り、ヘルメットもかぶせましょう!

アーカイブ